あいえる協会活動ブログ

活動内容から日常の出来事まで、いろいろな「あいえる協会」をお伝えします!

【ピア・エンジン】バリアフリー2022に行ってきました

あいえる協会 2022年6月23日

 今年、久しぶりに行われたバリアフリー展

 インテックス大阪は多くの人で賑わっていましたが、あいえる協会からも、多くのスタッフや当事者が参加しました。

 ピア・エンジンも、当事者メンバーの柴さんと一緒に参加しましたので、柴さんの感想を交えつつ、当日の様子を紹介します。

 

 まず目についたのは、新光産業のシュプールX

 椅子がターンすることで、狭い曲がり階段でも設置出来る昇降機です。

 せっかくなので、当事者スタッフの赤松が試乗。

  見上げるくらいに高い所まで上昇していました。

 レールは階段に設置するので、展示には壁が無いということもあり、赤松以外の試乗者も緊張していたようです。

 

 山路製陶工房のセラミック足湯

 木箱に敷き詰められている大きな正露丸のようなもの――遠赤外線セラミックボールが、足湯のように足を温めてくれます。

 水を使わないので、靴下を履いたまま足を入れられるのが便利ですね。

 セラミックボールは半永久的に使えるとのことなので、お値段以上の価値はありそうです。

 

 更に、首に巻くコンフォートパックもお試し。

 首や肩に年齢を感じ始めている赤松もご満悦。

 

 既に自宅でマジックハンドを使用している柴さんですが、より使い易いものを探しているとのこと。

 株式会社インタージェットの楽らくハンドが展示されていたので、試してみました。

 軽くて扱い易く、グリップ側には磁石が入っているので、ヘアピンやクリップ等も取ることが出来る優れもの。

 

 

 初めは苦戦していた柴さんでしたが、ペットボトルもティッシュも取ることが出来ました。

 お買い上げの日は来るのでしょうか……!?

 

 更にジェイテクトのJ-PAS fleairyというアシストスーツも体験させて頂きましたが、こちらについては別の機会で紹介いたします。

 

 

 その他、自動車シートのメーカーが作った丸菱工業のスポッとクッション、歯ブラシ自体が光って口腔ケア介助がやりやすくなる株式会社ベテルのピカスポ、軽くて持ち運び易いダンロップホームプロダクツのダンスロープ エアー2など、興味深い福祉用具がまだまだたくさんありました。

 日進月歩の福祉用具について今後も理解を深め、障害者がより良い生活を実現出来るよう、努めていきたいと思います。

 

 

おまけ

 SmartHRのブースにて、ビッグクラッピーにハマる赤松

 ※この動画のみ、音声が流れます