あいえる協会活動ブログ

活動内容から日常の出来事まで、いろいろな「あいえる協会」をお伝えします!

3年ぶりの総決起集会に参加しました

あいえる協会 2022年7月14日

 7月12日、中央区民センターで行われた、障害者の自立と完全参加を目指す大阪連絡会議(障大連)の総決起集会に、あいえる協会も参加しました。

 

総決起集会とは

 障大連が年に一度、7月頃に実施する集会。

 大阪府内の各団体の職員や当事者が集まり、8月に実施する大阪府との交渉に向けて、要点の確認やデモ行進を行う。

 総決起集会の案内チラシ

 

 実施自体がコロナの影響により3年ぶりで、ようやく実施出来た今年も、以下の制限を余儀なくされました。

・デモ行進までは、参加人数を制限し、web会議を併用する

・デモ行進は、人数の制限は無いが、マイクを持つ人以外声を上げない

 

 中央区民センターのホール最後列から撮った写真です。

 ホールは500名定員ですが、人数制限により、300名程度だったそうです。

 コロナ禍前は、これより更に多い人数がすし詰め状態で、当法人も職員や当事者のほとんどが参加していました。

 今回は、一部の職員と当事者、併せて十名程度の参加に留まりました。

 

 ホールでの集会の後は、中央区民センターから大阪城公園までのデモ行進。

 人数制限が無くなるため、多くの職員や当事者はここから合流しました。

 

 

 熱中症対策のため、マスクは外しても良いですが、コロナ対策のため、声は上げられません。

 そのため、代わりに鳴り物を用意し、それぞれの思いを込めて打ち鳴らしました。

 

 

 

 

 全員では声を上げられないので、行進しながら、一人ずつマイクを回しました。

 

 大阪城公園の入り口で、先に街宣車で到着していた古田理事長がお出迎え。

 

 天候が危ぶまれましたが、どうにか雨に打たれずデモ行進をすることが出来ました。

 とは言え、7月の暑さは如何ともし難く、みんなヘトヘト。

 しかし、障害者が街に出て声を上げる機会の一つとして、今後も続けなければならないと、改めて思うのでした。

 

参加者の感想

・暑かった ・ヘロヘロになった ・もっとやりたかった ・めっちゃ喋った

・みんなのマイクパフォーマンスが良かった ・どんどん行政や市民に声を上げるべきだと思った